AZEGAMI's BAR

AZEGAMI'sBAR 通称アジャバー(あじゃぱー?)へようこそ!めくるめく酒の世界へ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第38回 白百合

はい。土臭い泡盛です。
古酒(クースー)だともう少し値段が高いですが、まあとりあえずこちらので・・・

「白百合」

我が教室の飲ん兵衛先生「◉藤」先生に教えてもらった。お酒です。
名前にそそのかされて買うととんでもない事になります。

「きれいな花には棘がある」

とにかく癖がありすぎる・・・。うまいけど。

真義のほどはともかくとして、聞いたお話ですが、
『初めてこの白百合を醸造して、販売した時に「腐っている」という理由で、全部返品された(本当は腐っていないそういう味)。』とかいうお話があるそうです。

グラスについだときは、かなり良い香りだと思うのですが、一口口に入れると・・・、目に浮かぶのは地元新潟の田んぼ・・・、あの無謀だったやんちゃだったころに食べた、田んぼの土の味・・・。
僕の周りの景色は田畑に包まれました。そんなお酒です。
かなりの癖の悪さに飲めない人が多いと思います。本当に好き嫌いが分かれるお酒だと思います。
グラスの中に放置すればするほど、土臭さ倍増です。

ちなみに少し水で割ると甘みが出て飲みやすくなります。
毎日少しずつ”チビリチビリ”やりたい、そんな感じのお酒です。(でもいっぱい飲みたい・・・。)
ちなみに作成行程は全部手作業だそうです。
なかなかしびれるいいお酒です。

shirayuri


名前  白百合
度数  40%
原産国 日本(石垣島 池原酒造所)
種類  泡盛


スポンサーサイト
  1. 2013/03/18(月) 16:29:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第37回 ビックピート

正露丸が飲みたい。(いやいやアイラね)
そんな時に、出してもらったお酒です。

ビックピート。

おじさんが大分臭い顔してますよね・・・。
味はそんな感じです。
ではダメなので、ちゃんと解説!!
昔、紹介した「トリニティ」的な感じがしますが、同じくアイラのブレンテッドウイスキーです。
「アードベッグ、カリラ、ボウモア、ポートエレン」の四種類のブレンドされていますが、前にも書いたとおり「ん?書いたかな・・・、まあいいや」最後のポートエレンは、30年くらい前に閉鎖されていて、なかなか手に入らない代物ですが、それが入っているそうです。
その味はおじさんの顔を見ての通り、正露丸アイラです。

なんせビックピートですから・・・。

こういう癖のあるお酒大好きですね。
そういえば、癖のある土臭い泡盛あったな・・・、なんだっけ名前・・・。


bigピート



名前  ビックピート
度数  46%
原産国 多分アイラ島(作った会社はグラスゴーらしい)
種類  ブレンテッドウイスキー(なんかバッテッドモルトとも言うらしい・・よくわからん!!)


  1. 2013/03/06(水) 13:26:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第36回 オクトモア/2_140

怪僧にしようかと思ったけど、これ出すの忘れてた・・・。
ので今回は・・・、

 あるお店の薄暗いところに隠れていたコイツは、見るからに危険な感じ。
頼んでみようと思った、まさにその時お店の人がアジャマシターに
「確かアイラ好きでしたよね?これどうでしょう?」
といって出してくれました。
「是非是非。お願いします」(当然、酒の神様が降りてきているので、二つ返事です。)
そして登場。
「オクトモア/2_140」

ブルイックラディ蒸溜所で作られているお酒ですが、このブルイックラディはアイラでありながら、あまりピートを使わない蒸溜所だと思っていました・・・違いました・・・。

後ろについてる数字140はピートの炊き込み具合を示すフェノール値の数字です。
いくつか前に出した「ラガヴーリン」のフェノール値が55、およそ3倍の値です。

お味はというと、ピート万歳です。グラスに注がれているときから既に芳香が漂い回り一面が正露丸を100錠くらい口に入れたようなアイラの海岸が見えるような磯の香りです。
口に含めば、いつまでもピートの余韻が残ります。こんなお酒もあるのだな~。
たしかこれは限定販売だった気がします。(日本入荷が何百本みたいな感じ)
またどこかで飲めるといいな。

OCTOMORE 1


名前  オクトモア/2_140
度数  62.5%
原産国 アイラモルト
種類  アイラ島
  1. 2013/02/08(金) 14:17:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第35回 アラン・ロバートバーンズ ブレンデッド・スコッチウイスキー

いやー。長い間お待たせ致しました(←誰も待っていないかも・・・。)
ということで、今回はこれです

「アラン・ロバートバーンズ・ブレンデッド・スコッチウイスキー」

1/25は何の日か皆さんご存じですか?
そうです。1077年にカノッサの屈辱があった日です。そして、石ノ森章太郎さんが生まれ、松本零士さんの誕生日でもありますが、それだけではなく(←むしろ今回はこっち!!)、スコットランドの詩人【ロバート・バーンズ】が生まれた日でもあります。なんでこんなこと書いているかというと、1/25日は”バーンズナイト”だったからです(支離滅裂感たっぷり。)
 スコットランドの伝統料理に〈ハギス〉なる物があるのですがこの御仁、『ハギスに捧げる詩』という詩を作った人で、スコットランドの有名な国民的詩人です。
 で、この〈ハギス〉。羊の胃に羊の内蔵やタマネギのみじん切りを入れ、茹でて作る詰め物料理です。話だけ聞くと・・・な、感じですが“めちゃめちゃ”おいしいです。これに、アジャマシターの大好きなアイラモルトを1たらし、2たらしするともう『キャー』と叫ぶほど最高です!!
 で、話が脱線したので戻りますが、あるお店に行った時、この〈ハギス〉とセットになっていたスコッチウイスキーがこれです。ロバートバーンズを称える協会「ロバート・バーンズ・ワールドフェデレーション」と「アイル・オブ・アラン蒸留所」の協力のもと、特別に作られたボトルだそうで、香りを楽しみながら飲みたいウイスキーです。当然、アイラモルトをかけた〈ハギス〉と一緒に・・・!!

arann 2


ちなみにこのロバート・バーンズさん「蛍の光」の作詞した人だそうです。

次は、怪僧のビールです。
(分かるかな?)

名前  アラン・ロバートバーンズ ブレンデッド・スコッチウイスキー
度数  40%
原産国 スコットランド(アラン島)
種類  ブレンテッド・スコッチウイスキー(そのまんまやね・・)

  1. 2012/01/27(金) 15:32:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

第34回 SURUGA BAY IMPERIAL IPA

アイラモルトやウイスキーなどちょっと度数の濃いお酒を呑む時、当然傍らにチェイサーがつきもの。

チェイサー。追っかけるものを意味するこやつは、なかなかに奥が深い。
通常このチェイサーに使われるものは「水」である。
ので今回は

「水」

 先ほども書いたが、チェイサーは強いアルコールの後をすかさず追っかけ、呑んでいたお酒を引き立たせる。
引き立たせてくれて、かつ飲んだ後の口の中のリフレッシュしたり、度数の強いお酒を胃の中で少し度数を抑えるためにも使える便利なもの。(えぇい!!メンドクサイ!!ここからは、強いお酒をアジャマシターの好きなアイラモルトに勝手に変更)
アジャマシター若い頃は粋がって、アイラ何ぞを飲んだ後、よくビールをチェイサーにしていたものです(いかにも強そうに見せるため??)。それなりに年齢を重ねて大人しくなったのか、はたまた酒が弱くなったのか、年々そんな変人チックな動きをしなくなっていましたが、アジャマシターにもそれなりの理由がありました。

「アイラを飲んだ後に、ビールを飲んでもどちらもおいしくない!!」
そうです、どちらもおいしいのに一緒に飲むと味が混ざったような感覚になり、結局水が必要になるのでした。
それもあって一緒に飲まなくなったのですが、

このビールを見つけてから、チェイサーに「水」は要りません。
(もっともこのビール。置いてる店がまだ少ない・・・。)

「スルガ ベイ インペリアルIPA」
(水を紹介する訳にはやはり行きませんね!!)

ちなみに『IPA』とは「インディアン・ペール・エール」の略で、インディアン・ペール・エールとは、インドがイギリスの植民地だった頃に、インドにいるイギリス人の為に、赤道を渡って長い航路に耐えられる様、ホップをふんだんに使って造られたビールです。このビールは「ダブルIPA」だったかも・・・、まあいいや。

通常のビールは飲んだ後、キレを売りにしていても余韻のようなものが細く残っている事が多いです。(まあ、そこにビールの良さの一つがありますが)、これがビールをチェイサーに使う場合、非常にネックになります。口の中をリフレッシュしてくれませんから・・・。

この「スルガベイ」は、ビール単体で飲んでいても、もちろんGOOD。濃い茶褐色で苦みも強い。が後味はすっきり。何かもなかったかの様に、また次の一杯を飲む事が出来る。
この特徴のおかげで、まさにチェイサーになりうるビールです。このフレーバーをぜひとも味わって下され!!多分病みつきになること請け合いです。

(注意)アルコール度数が高いので、気をつけてね。調子良く飲んでいると酔っぱらいが出来上がります。

Next ・・・・。

スルガインペリアル

名前  スルガ ベイ インペリアルIPA
度数  7.5%
原産国 日本(静岡県沼津・ベアードブルーワリーカンパニー) 
種類  ビール(IPA)

  1. 2010/06/08(火) 18:43:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

bols1575

Author:bols1575
教室からの移行です。(さすがに管理人さんが大変そうなので・・・・。)
まあ、気軽に見てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。